音楽家からの贈り物

音楽は、喜びや感動を与えてくれたり、時に優しく寄り添い、励ましてくれる。クラシック音楽のイベントやコンサート等の主催、オススメの音楽・映像・アーティスト、コンサート、イベント等の紹介を通じて、音楽家からの素晴らしい音楽の贈り物をご紹介して参ります。

合唱団の皆さんの苦労が身に染みて分かりました(´;ω;`)

私が特定の合唱団に所属し、本格的に合唱を始めてまもなく8ヶ月目。現在挑戦しているのは、モーツァルト:ミサ曲ハ短調, K.427 (K.417a)[バイヤー版]で、9月の本番まで残り1ヶ月程となりました。

今年から私が所属している合唱団は総勢200名を超える大所帯で、テノール・バスがそれぞれ30名程、ソプラノ・アルトがそれぞれ90名程います。「サントリー1万人の第九」や「国技館5千人の第九」を歌った私からすると、むしろ団員数はかなり減ってはいますが(笑)。そもそも比べる対象ではありませんけどね(;'∀')

練習は月5回の定期練習に加え、6月には土日で計11時間の男声強化練習が、7月には1泊2日の強化合宿があったり、これまで経験してきたイベント的な楽しさとは違う合唱の世界に飛び込んでいます。

私はベートーヴェンの第九しか歌った経験がなかったのですが、モーツァルト:ミサ曲ハ短調は混声4部合唱(ソプラノ・アルト・テノール・バス)だけでなく、最大で8分二重合唱となります。例えば、バスだと「バスⅠ」と「バスⅡ」と、それぞれ違うパートを歌う部分が出てくるのです。

実際に練習を始めてみて、困惑したり、悩んだり、失敗したりの連続です。入るタイミングがうまく取れずに歌えなかったり、間違って早く入ったり、他のパートを聴きすぎてその音に引っ張られてしまったり、等々。自己の音楽を磨きつつ、互いの音を聴き、尊重し、一つの物を創り上げていく事の難しさを感じながら練習に励む日々です。

『個』をしっかり持ちつつ、『集団』にうまく融合させるのは決して容易な事ではない。何気なく聴いていた合唱でしたが、自らの挑戦を通じて、合唱団の皆さんの苦労が、身に染みてよく分かりました。素晴らしい合唱を聴かせて頂いている裏側では、合唱団員の皆さんのものすごい苦労や苦しみが隠れている。それを思うと、合唱を聴く時の感じ方が以前とは大きく変わりました。

今回は、モーツァルト:ミサ曲ハ短調の8分二重合唱の部分である、モーツァルト:ミサ曲ハ短調より、第2曲 グローリア(Gloria)第5部 世の罪を除きたもう主よ(Qui tollis)からお聴きください。

youtu.be

台湾のパーカッションデュオ『Twincussion』の巧みなマレットさばき

Facebookを見ていたら、台湾のパーカッションデュオ『Twincussion』の演奏動画に目が留まりました。

双子の兄弟、Chien Jen-TingさんとChien Jen-Yuさんが、ピアノ作品である、ショパン24の前奏曲 作品28: 第16番 変ロ短調を、マリンバの二重奏で披露されています。

今回初めて『Twincussion』を知りましたが、お二人の巧みなマレットさばき、奥深い音色にとても感動しました(^^♪

youtu.be

「日本音楽芸術マネジメント学会」に入会しました

これまで私は、本業のサラリーマンをしながら、知的財産、コンテンツビジネス、コンテンツ法務等の音楽分野での知見を得る為、社会人大学院で学んだり、研究者や実務家が所属する学会に参加したりして、知見を深めてきました。

しかし、サラリーマンをしながら学べる機会は限られており、特に音大で学べる機会は少ない。以前から音楽関連のアートマネジメント(芸術経営学)分野を学んでみたり、研究してみたいと思っており、その機会を探し続けていた。

そんな時、知人から、音楽大学文化施設やホール、管弦楽団社団法人・財団法人等の関係者が参加している『日本音楽芸術マネジメント学会』という組織を教えてもらい、今年度から個人会員として入会し、未知の世界に飛び込んでみることにしました。各分野の専門家から色々と話を聞いて知見を深めていくと共に、こちらのページでも適宜情報発信を行っていきたいと思います。

日本音楽芸術マネジメント学会 HP
http://www.jasmam.org/

7月22日(土)に東京音楽大学で開催された夏の研究会に、早速初めて参加してみました。文化庁次長による基調講演をはじめ、広島交響楽団事務局長、神奈川県民ホール副館長、芸能実演家団体協議会参与、昭和音楽大学教授が登壇するパネルディスカッションが行われた。

パネルディスカッションの中で、広島交響楽団の井形健児事務局長が、プロ野球チーム「広島東洋カープ」とプロサッカーチーム「サンフレッチェ広島」と連携した取り組み『P3 HIROSHIMA』を紹介されていました。かつての広島交響楽団はプロのオーケストラとしての認知が低く、市民からもアマチュアオケと勘違いされる事が多かったそうですが、野球とサッカーのプロチームと連携する事で認知を高めると共に、相互連携によってスポーツ・文化の醸成に注力されているそうです。

hirokyo.or.jp

異文化や異業種とのコラボは、相乗効果が生まれるか未知数の部分も多い。しかし、そのコラボが化学反応を起こすと、全く新しい世界が生まれる。新たな人、多くの人との接点が生まれなければ、それぞれが持つ良さを伝える機会すら得られない。こうした攻めの取り組みを私は応援していきたいし、皆さんにもご紹介していきたいと思います。

犬がステージ上に登場!?何があっても演奏を続けるウィーン室内管弦楽団の皆さん(^^♪

アメリカABC Newsで報道された、6月30日にトルコのエフェソスで開催された、ウィーン室内管弦楽団による屋外コンサートでの出来事。
 メンデルスゾーン交響曲第4番「イタリア」を演奏中に、犬がのんびりと歩いて登場!?素敵な音色に惹かれてやってきたのだろうか。そして、コンサートマスターの横という特等席で、静かに演奏に耳を傾ける犬の姿に、思わず笑ってしまいました。
 何が起きても演奏は止めないウィーン室内管弦楽団の皆さんも、思わぬお客様の登場に、笑顔を見せながら演奏を続けられていました。

若きバイオリン奏者 河井勇人さんが「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」で第1位に!

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」のバイオリン部門で、東京都千代田区立九段中等教育学校3年の河井勇人さんが第1位となったというニュースが入ってきました( ^ω^ )♬♬河井さん、おめでとうございます(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ☆♪

チェロ部門1位となった北村陽さんに続き、日本人の若手音楽家の躍進はとても嬉しいですね(ノ´▽`)ノ♪

headlines.yahoo.co.jp

若きチェロ奏者 北村陽さんの演奏による、ハイドン「チェロ協奏曲第1番第1楽章」

若手音楽家の登竜門「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」のチェロ部門で第1位を獲得された、兵庫県立芦屋国際中等教育学校1年の北村陽さん。

私が見ているテレビ番組の一つで、BSジャパンで放送している「エンター・ザ・ ミュージック」(月曜よる11時)という、指揮者の藤岡幸夫さん、テレビ東京 アナウンサー繁田美貴さんが司会をされている音楽番組です。
「エンター・ザ・ ミュージック」HP
http://www.bs-j.co.jp/enterthemusic/

北村陽さんのチェロ演奏を初めて聴いたのは、2年前に放送された「エンター・ザ・ミュージック」で、当時10歳の小学生チェリストとして紹介され、北村さんは、ハイドン「チェロ協奏曲第1番第1楽章」を演奏されました。

多彩な音色での音楽表現だけでなく、何も気負いせず、ごくごく自然体で、本当に楽しそうに演奏している北村さんの姿がとても印象的でした。ぜひコンサートでも北村さんの演奏を聴いてみたいです。

今回は北村陽さんが演奏された、ハイドン「チェロ協奏曲第1番第1楽章」の動画をご紹介します。

youtu.be

11歳の若きチェロ奏者 北村陽さんが「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」で第1位に!

若手音楽家の登竜門「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」のチェロ部門で、兵庫県立芦屋国際中等教育学校1年の北村陽さんが第1位となったというニュースが入ってきました。北村さん、おめでとうございます( ^ω^ )♬♬日本人の優勝は2009年の上野通明さん(チェロ)以来、全部門を通じて2人目だそうです。

私が北村さんの演奏を初めて聴いたのは、2年前に放送されたBSジャパン「エンター・ザ・ ミュージック」という音楽番組で、小学生ながら面白い演奏をするなぁと驚いたのを覚えています。今後ますます注目の若手チェリストですね(^ω^)

 

headlines.yahoo.co.jp