音楽家からの贈り物

音楽は、喜びや感動を与えてくれたり、時に優しく寄り添い、励ましてくれる。クラシック音楽のイベントやコンサート等の主催、オススメの音楽・映像・アーティスト、コンサート、イベント等の紹介を通じて、音楽家からの素晴らしい音楽の贈り物をご紹介して参ります。

日本歌曲を後世に歌い継ぐ

明日4月23日(日)は、神奈川県座間市に初上陸し、『~座間歌曲祭2017~ 第1回日本歌曲コンクール』(ハーモニーホール座間・大ホール)を聴きに行きます。
http://www.walkerplus.com/event/ar0314e165050/

このコンクールは、公益財団法人座間市スポーツ・文化振興財団と一般財団法人ドイツ歌曲普及協会が主催し、日本歌曲の認知度を高め、プロ・アマチュアを問わず声楽を勉強される方に披露・活躍の機会を設けるといったもので、今回が記念すべき第1回です。

私は、2015年に参加した「サントリー1万人の第九」をきっかけに合唱を始め、東京音楽大学社会人講座で合唱・声楽を学ぶなど、歌の世界に興味を持つようになりました。

歌曲でも、ドイツ歌曲、フランス歌曲、イタリア歌曲、イギリス歌曲があって世界中の声楽家が歌われているが、外国の声楽家の方が日本歌曲を歌う事は当然少なく、素晴らしい日本歌曲を歌い継ぐ日本人の声楽家を盛り立てていく必要があります。

日本の作曲家・作詞家が遺した素晴らしい作品を、日本人声楽家が大切に歌い継いでいかなければ、多くの作品が日の目を見なくなってしまいます。

日本歌曲が一人でも多くの方の耳に触れて欲しいです。

f:id:GiftFromMusician:20170422124025j:plain