音楽家からの贈り物

音楽は、喜びや感動を与えてくれたり、時に優しく寄り添い、励ましてくれる。クラシック音楽のイベントやコンサート等の主催、オススメの音楽・映像・アーティスト、コンサート、イベント等の紹介を通じて、音楽家からの素晴らしい音楽の贈り物をご紹介して参ります。

「世界が仰天!"足でホルンを吹く男"」

公益財団法人武蔵野文化事業団が主催するコンサートのチラシにあった一文に目が留まりました。「世界が仰天!"足でホルンを吹く男"」。
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/…/post-639.html

足でホルンを吹く!?そんな音楽家が本当にいるのか(゚д゚)!その音楽家の名前はフェリックス・クリーザー(FELIX KLIESER)さん。クリーザーさんはドイツ出身のホルン奏者。生まれつき両腕がないクリーザーさんは4歳からホルンを始め、17歳で世界でトップクラスのハノーファー音楽演劇大学(ドイツ)で学ばれ、2016年にはレナード・バーンスタイン賞を受賞される等、その演奏は高い評価を得ています。

早速、クリーザーさんの演奏をYoutubeで探してみました。クリーザーさんの音色は実に芳醇だ。実際に演奏する姿を見ると、器具にホルンを固定し、左足の指でバルブを巧みに操る姿は、只々驚愕するばかり。今回はホルン奏者フェリックス・クリーザーさんの演奏動画をご紹介します。

残念ながら、6月20日に武蔵野市民文化会館で開催される「フェリックス・クリーザー ホルン・リサイタル」公演チケットは完売してしまっていましたが、いつかクリーザーさんの生演奏を聴いてみたいです。

youtu.be