音楽家からの贈り物

音楽は、喜びや感動を与えてくれたり、時に優しく寄り添い、励ましてくれる。クラシック音楽のイベントやコンサート等の主催、オススメの音楽・映像・アーティスト、コンサート、イベント等の紹介を通じて、音楽家からの素晴らしい音楽の贈り物をご紹介して参ります。

ココロが疲れた時に聴きたい曲、J.S.バッハ「ミサ曲 ロ短調 BWV.232」

1921年に創設された古楽演奏団体オランダ・バッハ協会。若手バイオリニストの佐藤俊介さんが、2018年6月より同協会の音楽監督に就任することが、今年5月に発表された事でも話題になっています。

今回は2015年12月にオランダのハーグにある聖ヤコブ教会で行われた、J.S.バッハ「ミサ曲 ロ短調 BWV.232」動画をご紹介します。指揮はヨス・ファン・フェルトホーヴェンさん、演奏はオランダ・バッハ協会合唱団&管弦楽団の皆さんです。

この「ミサ曲 ロ短調」には、私は何度も救われました。ココロが疲れた時、この曲を聴いていると気持ちが落ち着き、グッスリ眠れます。いつか合唱で私自身も歌ってみたい作品の一つです。

allofbach.com