音楽家からの贈り物

音楽は、喜びや感動を与えてくれたり、時に優しく寄り添い、励ましてくれる。クラシック音楽のイベントやコンサート等の主催、オススメの音楽・映像・アーティスト、コンサート、イベント等の紹介を通じて、音楽家からの素晴らしい音楽の贈り物をご紹介して参ります。

普段からの準備や練習がいつか花開く時が来る。その時は突然やってくるかもしれない。

ミュンヘンバイエルン州立歌劇場、ロンドン・コヴェントガーデンのロイヤル・オペラなど欧州一流のオペラハウスで活躍するソプラノ歌手 中村恵理さんの記事に目が留まりました。

 

中村さんは、ロシア出身のトップスターのアンナ・ネトレプコさんが、「ロミオとジュリエット」を原作とするベッリーニのオペラ「カプレーティ家とモンテッキ家」の新演出初日に体調不良で降板され、開演数時間前に代役に抜擢された。ネトレプコさんの代役としての好演が大喝采を受け、一躍世界に躍り出た。

 

この記事を読んで、「幸運の女神には前髪しかない」という言葉が頭に浮かびました。これは、幸運の女神が近づいてきたので慌てて掴もうとすると、前髪しかない女神があっという間に通り過ぎた後にその髪を掴もうとしても、後ろ髪はないので掴めなかったという話です。せっかくのチャンスを逃すことなく、与えられたチャンスは活用して幸運を手に入れろと言うものです。

 

もちろん、ネトレプコさんが急病で倒れたことを「幸運」というつもりは全くない。しかし、音楽家も人間であり、突然のアクシデントや急病はいつ起こっても不思議ではない。私も聴きに行ったコンサートの出演者が急病となった事は1度や2度ではありません。皆さんもコンサートで代役の方の演奏を聴いた事があるのではないでしょうか。

 

大物の音楽家ともなれば、その方を目当てに来られている観客が大勢いるだろうし、代役が失敗に終わる可能性もあり得る。代役を引き受けられた中村さんは、さぞや大きなプレッシャーだったと思います。与えられたチャンスを生かすも失うも本人次第。常日頃から練習や準備を重ねていたからこそ、中村さんの真の実力が発揮された。

style.nikkei.com