音楽家からの贈り物

音楽は、喜びや感動を与えてくれたり、時に優しく寄り添い、励ましてくれる。クラシック音楽のイベントやコンサート等の主催、オススメの音楽・映像・アーティスト、コンサート、イベント等の紹介を通じて、音楽家からの素晴らしい音楽の贈り物をご紹介して参ります。

指揮者:下野竜也さんによるマエストロ稽古に参加してきました

「自らが人生の新しいページをめくる体当たり企画(合唱編)」( ´ ▽ ` )

2017年1月から、私が新たな合唱挑戦曲として選んだのが、モーツァルト:ミサ曲 ハ短調《大ミサ曲》です。東京音楽大学で講師をされているバリトン歌手の浅井隆仁先生とご縁があり、浅井先生が合唱指導をされている日本フィルハーモニー協会合唱団に参加しています。

東京芸術劇場での本番まで1ヶ月を切り、指揮者の下野竜也さんによるマエストロ稽古までたどり着きました。下野竜也さんは、2017年2月に両国国技館で開催された「5000人の第九」に私が合唱出演した際も指揮をされていて、今年2回目の共演です(*´ω`*)もちろん私が勝手に存じ上げているだけですが・・・

私がこの曲に挑戦してみたいと思ったのが、YouTubeで巨匠レナード・バーンスタインさんが指揮をされた動画を見たからです。特に強く惹かれたのは、今回動画でご紹介する「Qui tollis peccata mundi (Largo)」世の罪 を除きたもう主よ、です。

youtu.be

このハーモニーに思わず痺れました。人生初のラテン語の歌詞には相変わらず苦労していますが、本番に向けて地道に挑戦を続けて参ります。